FJCT Tech blog

富士通クラウドテクノロジーズ公式エンジニアブログです

富士通クラウドテクノロジーズ

FJCT/Tech blog

CONBUのプロジェクトメンバーとしての活動記録

はじめまして!
富士通クラウドテクノロジーズの鈴木耀平と森本康介です。

私たちは現在、CONBUのプロジェクトメンバとして活動しています。
(2017/9/8に開催された CROSS2017 というカンファレンスのコアスタッフであったことから CONBU のプロジェクトメンバに参画させて頂きました。)

今回は CONBUという団体の紹介参加プロジェクトの活動内容 についてブログに残したいと思います。


目次

  • CONBU とは?
  • CONBUにおけるプロジェクトの流れ
    • これまでにCONBUとして参加したカンファレンス
  • プロジェクトにおけるチーム構成
  • 私たちがやったこと
    • APIチーム(鈴木)
    • Networkチーム(森本)
  • 活動を通しての所感
    • 鈴木
    • 森本
  • 最後に

CONBU とは?

CONBUはCOnference Network BUildersの略称であり、大規模なカンファレンスや勉強会が行われる会場において、会場ネットワークを構築し、インターネット接続を提供するネットワークエンジニアの集団です。

CONBU - COnference Network BUilders :: CONBUとは

とあるように、CONBUは カンファレンス会場にインターネット接続を提供したい主催側 ネットワーク構築をしたいエンジニア を繋ぐ場です。また「ネットワークエンジニアの集団です。」とありますが、実際にはフロントエンドやサーバサイド、ストレージなどに強い人も一緒にそれぞれの強みを活かして動いています。

CONBUが目指すところは、「カンファレンス運営が何もしなくともネットワークに繋がる」状態を作ることです。活動の例としては、会場ネットワークにおける 構築・運用・撤収時のノウハウやアイディアやツールの使用方法をドキュメント化し、WEBで公開することをプロジェクトごとに行っていることが挙げられます。

CONBUの全体人数(コアメンバ+プロジェクトメンバ)は、プロジェクトによって異なりはしますが、おおよそ30名弱です。

続きを読む

ニフクラのストレージ監視について発表しました

富士通クラウドテクノロジーズ インフラSRE部の吉村です。ふだんは監視やログデータ収集システムを担当しています。

この記事について

以前このブログでお伝えしていた、Cross2017やニフクラエンジニアミートアップでちょっとした発表を行いましたので、今回はその振り返り記事となります。

tech.fjct.fujitsu.com

tech.fjct.fujitsu.com

発表内容はニフクラにおけるストレージ監視についてです。 監視についての記事や情報は世の中わりとあるのですが、ストレージ機器を対象にした内容は珍しいかもしれません。

www.slideshare.net

内容としては特にストレージ機器特有の何かを取り扱っているわけではないのですが、おおよそニフクラの裏側で行われている監視で重要視していることを紹介できたらと思います。

続きを読む

【イベント】第4回エンジニア ミートアップ(交流会)を開催します(10月11日)

富士通クラウドテクノロジーズでWebプロモーションを担当している鮫島です。

7月に開催した

tech.fjct.fujitsu.comに続いて、第4回を開催します。

f:id:sameshima_fjct:20171004171758j:plain

簡単に、今回の内容を説明すると…

世界のビールを無料で飲みながらVMware環境からのクラウド移行やAnsibleについて学ぼう!

 

続きを読む

CROSS2017 にスポンサーしました

はじめに

はじめまして。プラットフォームSRE部でエンジニアをしている 北條(@Con_H)です。

本日は、先日開催された CROSS 2017 というカンファレンスにスポンサーさせていただきました。
私は CROSS 2017 の実行委員として運営にも参加しましたので、運営視点でのカンファレンスの感想やスポンサー活動の報告をしてみたいと思います。

CROSS 2017 とは?

エンジニアサポートCROSS2017

通算6回目となる「エンジニアサポートCROSS 2017」は、国内最大級のIT系勉強会です。

とあるように、CROSS 2017は沢山のエンジニアが参加する勉強会です。
セッションで取り扱われる技術分野はインフラからフロントエンドまで多岐にわたり、登壇者が単独で話すのではなく、複数人でのパネルディスカッション形式なのが特徴です。

第1回となる CROSS を当時のニフティ株式会社(現:富士通クラウドテクノロジーズ株式会社)のエンジニアが「エンジニアの新年会」をやりたい!ということで社長を説得して隣のビル(ベルサール新宿グランド)を貸しきってエンジニアを集めたのが始まりだそうです。

ちなみに、当社は CROSS にスポンサーとして協力しているだけでなく CROSS の企画・運営を行う「実行委員」に社員が業務として参加することを認め、運営面でも CROSS に協力してきました。
かくいう私もそういった制度を活用して CROSS の実行委員として活動しています。

運営として参加した感想など

実行委員会の話

CROSS実行委員会は主催であるJAIPAの助言のもと、会そのものの企画・運営すべてを行います。
実行委員は下記のリンクにあるように様々な業界のエンジニアが有志で集まり、活動しています。

スタッフ | エンジニアサポートCROSS2017

例年CROSSは年明けの1月や2月に開催されることが多かったのですが、 今年は会場が確保できずに年明けを大きく過ぎて9月となりました。
スケジュールは大きく延びた一方で進め方がまったくイメージできなくなり、 そもそもスケジュールが立てられずに準備がぜんぜん進まなかったり、 9月には多くのカンファレンスが開催されていてスポンサーが集まらなかったりといった困難が待ち受けていました。

カンファレンスあるあるかもしれませんが、直前に登壇者の方の都合がつかなくなって前日にセッションがポシャルという事もあったとか無かったとか。(ありました)

当日の話

当日は、生憎の曇天かと思いきや CROSS 開場を待っていたかのように青空が広がり、 海の上に浮かぶ大桟橋ホールは気持ちの良い日差しと風に包まれました。

f:id:Con_Humi:20170919223455j:plain

気持ちよい日差しの下、真ん中あたりで結婚式の撮影か何かをしていますね。
幸せ感が溢れていて心に刺さりますね。気を取り直してセッションの話をしていきます。

私は実行委員でしたが、スタッフ業務の合間を縫って下記2つのセッションに参加することができました。
CROSS 実行委員は、ちゃんと興味のあるセッションに参加することも大切な役割なのです。
セッションの感想など少し書いてみたいと思います。

  • モダンな情報システムのあり方 2017.cross-party.com

    モダンな情報システムはどうあるべきか!?
    という、社内システムが絶賛大変革中の弊社にとってもタイムリーなセッションでした。

    pairs を始め様々なサービスを運営する株式会社エウレカCTOの梶原 成親氏をセッションオーナーに、AWSに社内システムを全面移行する事で話題となった東急ハンズのIT部門であるハンズラボ社長の長谷川 秀樹氏と、大手SIerからGREEを経て現在クラウドワークスCIOを勤める大場 光一郎氏、
    AWSの国内最大パートナー クラウドパックを経て現在はクラウドネイティブ社長の齊藤 愼仁氏、ヤフー株式会社で入社以来社内システムの仕事を経験してきた高野 蓉功氏が、 現代の情報システムについて語り合うとても熱いセッションでした。
    社内システムSaaSが格好いいというお話や、東急ハンズAWSに全面移行する中で社内ユーザーとのやり取りのエピソードなど、 興味深い話題が満載でした。

  • 先達に聞くこれからのエンジニア像2017 2017.cross-party.com

    弊社から株式会社HAROIDに移籍してエンジニアリグマネージャを務める森藤大地氏が、 さくらインターネット株式会社の伊勢幸一氏、楽天株式会社のよしおかひろたか氏、思想家の及川卓也氏という 業界の超著名人・大先輩にエンジニアのこれからの生き方を問う、CROSS恒例となったセッションです。
    若者エンジニアはいろいろなリソースの中で何を大事にしていくべきか?や、もし30歳若返ったらどういった選択をするのか?などなど、我々駆け出しエンジニアにもとても参考になる話題が満載のセッションでした。
    中でも、機械学習ディープラーニングといった現在注目されている技術だけではなく、 コンピュータの動作原理やアルゴリズムや論理の基礎となる数学領域の勉強をしっかりしておきたいということを皆さんが口々に仰っていたのがとても印象的でした。

なお、この他にも CROSS2017 ではたくさんのセッションが行われました。
ほとんどすべてのセッションをライブ配信しており、YouTubeに記録として残してありますので、 是非下記のプログラムページからみなさんの興味のあるセッションの動画をご覧になってください!

2017.cross-party.com

CROSS を終えてみると、1日を通じて600名を超える方にご来場いただき、思い思いにセッションや他のエンジニアの方との交流を楽しんでいただけたのではないかと思います。

スポンサー内容と結果について

弊社はプラチナスポンサー枠で CROSS 2017 に出資し、下記の広報活動をさせていただきました。

  • スポンサーセッション公演
  • スポンサーブース出展

スポンサーセッションや弊社ブースの様子をご紹介したいと思います。

スポンサーセッション

CROSS では、例年大枠スポンサー様にセッション枠を提供しており、 弊社もその枠を利用して、弊社インフラエンジニアがニフティクラウドの表や裏を熱く語るセッションを公演しました。
おかげさまでセッションは大好評いただき、ニフティクラウドの中核を担うエンジニアの先輩方が ニフティクラウド誕生秘話や、リリースから現在に至るまでの運用の苦労や頑張って良くした話、 そしてこれからの未来のニフティクラウドについての話題など、ニフクラユーザーでなくとも必聴のセッションとなりました。

f:id:Con_Humi:20170919170018j:plain
弊社セッション登壇者

ニフクラにおける大規模インフラの運用の今と昔 (11:20- @A会場) | エンジニアサポートCROSS2017

上記リンクより、セッションの詳細や当日のライブ配信映像をご覧いただけます。
私もブログを書くに当たって YouTube で拝見しましたが、2003年ころのニフティ社でのサーバー数百台を数カ月泊まり込みでセットアップや VMware 導入直後の VM コピーマラソンの話は非常に大変そうで印象的でした。
ちなみに、動画の中でもちらりと話されていますが、CROSS 実行委員長の山口さんは CROSS を始めた張本人でありニフティクラウドを作った張本人でもあります。

スポンサーブース出展

スポンサーブースでは、弊社のIoTに関する取り組みである 「IoT デザインセンター」 の事例を紹介しました。
ライブやイベントで使うサイリウムをIoT化して、お客様とステージ上の演者がインタラクティブなやり取りを可能とするデバイスである「iichiko 棒」を使って来場者の方にアンケートを取るデモを体験してもらったり、同日にサンフランシスコで開催されたJ-POPサミットに出展した「-A-C-T-」というハイタッチやハグを検知して光で表現を加えるウェアラブルバイスのプロモーション動画を放映したりしていました。

f:id:Con_Humi:20170919170023j:plain
スポンサーブースの様子

こちらも多くの来場者の方に弊社の取り組みをアピールできたと思います。

最後に

実行委員として3年目2回目の CROSS では、会場取れない問題を始め準備段階で様々な障害を乗り越えて、600人を超える非常に多くの方々にご来場いただき控えめに言って大成功のうちに終えることが出来たと思います。

スポンサーとしては、たくさんのエンジニアに弊社の取り組みをご紹介できたのではないかと思っております。
ニフティクラウドの品質向上や運用自動化・機能向上だけでなく社内の仕事の進め方なども紹介できたので、大規模インフラ運用に興味があったり「俺/私の最つよなクラウドを作りたい!」という方、
We Are Hiring! です!

PyCon JP 2017 参加レポート

プラットフォーム開発部の白石です。 先日、弊社がシルバースポンサーをつとめたPyCon JP 2017に参加してきました! PyCon JP 2017に関して参加して得られた知見・会場の雰囲気などをレポートします。 f:id:hatehate_shirao:20170919130103j:plain

まず、PyCon JPって何ですか?という方もいらっしゃるかと思いますので、PyCon JPについて軽く説明します。 PyCon JPのホームページから引用させていただくと以下のようです。

PyCon JPは、Pythonユーザが集まり、PythonPythonを使ったソフトウェアについて情報交換、交流をするためのカンファレンスです。 PyCon JPの開催を通じて、Pythonの使い手が一堂に集まり、Pythonにまつわる様々な分野の知識や情報を交換し、 新たな友達やコミュニティとのつながり、仕事やビジネスチャンスを増やせる場所とすることが目標です。

PyCon JP 2017では「Output & Follow」をテーマに据えました。 Pythonをキーワードに多様な人たちが、いろいろ楽しめて、新しい可能性が生まれるカンファレンスを目指して、スタッフ全員で企画を進めています。

Pythonを軸にあらゆるイベント盛りだくさんで、言わばPythonのお祭りです!

  • PyCon JP のプログラム
    • 基調講演
    • トークセッション
    • LT
    • ポスター発表
    • チュートリアル
    • スプリント開発
    • ジョブフェア
    • コミュニティブース
    • メディア会議

PyCon JP 2017の雰囲気

そんなイベント盛りだくさんなPyCon JP 2017の雰囲気は、国内外問わず知らない人と一緒にランチしたり、 Pythonの話で盛り上がれるといった印象です。 f:id:hatehate_shirao:20170919130239j:plain f:id:hatehate_shirao:20170919125605j:plain

現場の雰囲気が少しでも伝わるよう、入り口からトークセッションルームまでの写真を貼ります。 会場は早稲田大学西早稲田キャンパス63号館で行われました。

続きを読む

Interop Tokyo 2017のカンファレンスに登壇しました

f:id:h45unum4:20170822203339j:plain

こんにちは!富士通クラウドテクノロジーズの蓮沼です。

今年6月に幕張で行われたInterop Tokyoのカンファレンスで、VyOSをテーマに登壇しました。

VPNでハマるポイント ~VyOSの現状と実例から~

発表資料です。

今回VyOSについてや、カンファレンスの様子など簡単にご紹介したいと思います。

続きを読む

# builderscon tokyo 2017 スポンサーしました

f:id:yaaamaaaguuu:20170815152219p:plain

はじめに

はじめまして。富士通クラウドテクノロジーズの山口将平です。インターネット上では @yaaamaaaguuu というハンドルネームを利用しています。

今回は builderscon 2017 というカンファレンスにスポンサーさせていただいたので、カンファレンスに参加した感想とスポンサーをした結果をブログに残したいと思います。よろしくお願いいたします。

buildersconとは

buildersconは「知らなかった、を聞く」をテーマとした技術を愛する全てのギーク達のお祭りです。*1

とあるように、エンジニアが主体のカンファレンスで、傾向としてはサーバーサイドやクライアントのアプリケーションを実装するエンジニアが多めな印象です。

参加した感想等

「知らなかった、を聞く」を掲げているカンファレンスなだけあり、多種多用なセッションが開催されていました。自分が参加したセッションの内、良かったと思ったものをいくつかあげると以下になります。

参加したセッションはどれも参考になるような知見の凝縮度が高かったので、時間が被っている都合上聞けなかったセッションがあるのが残念だなぁと思っていました。しかし、各セッションの動画はyoutubeで公開されるとのことなのですごく楽しみにしています。

どのようなカンファレンスだったか?の全体の雰囲気をもっと詳しく知りたい方はbuilderscon tokyo 2017 のトップページにリンクされている弊社をはじめとする各社エンジニアの個人ブログ等を御覧ください。

*1: https://builderscon.io/ からの引用

続きを読む