FJCT Tech blog

富士通クラウドテクノロジーズ公式エンジニアブログです

富士通クラウドテクノロジーズ

FJCT/Tech blog

Google Cloud NEXT'18 に参加して感じた 2018 年 最新のクラウドトレンド!

f:id:yamamoto_fjct:20180806191815j:plain

はじめに

仕事では ニフクラ 全般における企画を担当している 山本(id:yamamoto_fjct) と申します。
以前は NIFCloud mobile backend についても担当しておりました。
特に ゲーム x クラウド 分野を得意としています。

さて、この度 7/24 - 7/26 の間にサンフランシスコで開催された Google Cloud NEXT'18 に参加してきました。

Google Cloud NEXT'18 とは?

サンフランシスコのモスコーニセンターで開催される Google Cloud の開発者会議です。
3日間で数えきれないほどのセッションが行われ、20,000人を超える参加者が一斉に集う、Google で最も大きいイベントです。

様々な会場で200を超えるセッションが用意され、最新のテクノロジーの発表や、ブースで Google Cloud のパートナーから話を聞いたりすることが出来ます。

最新の発表は、既に様々なメディアやオフィシャルブログ等で発表されていますので、 ここでは実際に参加し肌で感じた最新のクラウド事情について書きたいと思います。

オンプレミスを跨いだハイブリッドクラウドの時代へ

ハイブリッドクラウドとは、プライベートクラウドプライベートクラウド、更にはオンプレミスといった、複数の環境にまたがって構成された環境のことです。 それぞれのメリットを生かしてセキュリティの向上やコスト削減を行う事が可能です。

そんな中、Google Cloud NEXT'18 では GKE-OnPrem の発表があり、注目を集めました。 これを利用することによって Google Kubernetes Engine のエクスペリエンスをそのままオンプレミスで実現することが可能です。オンプレミスが Google Cloud の新しいゾーンとして利用することが出来るようになります。

更には Istio や Stackdriver Service Monitoring なども提供され、今後より一層オンプレミスを環境利用を想定したサービス提供が行われることでしょう。

とても参考になるセッションの動画
Bringing You the Future of Cloud (Cloud Next '18)

富士通グループにおける取組について

また富士通グループでは VMware, Inc.(以下、VMware)と協業を拡大し、ハイブリッドクラウドの推進を行って参ります。

pr.fujitsu.com

VMware クラウド基盤プラットフォーム VMware Cloud Foundation を含むクラウドサービスとして展開して参ります。 これにより、オンプレミスでVMwareのソフトウェアを運用しているお客様は、システム環境の変更に伴うリスクを抑えながら、最適なハイブリッド環境を実現できます。

f:id:yamamoto_fjct:20180806191832j:plain

最後に

Google Cloud NEXT'18 ではオンプレミスとクラウドの両方で利用できるハイブリッドクラウドが力強く強調されていました。 今後日本でもますますハイブリッドクラウドの利用が加速するものと思われます!

また、FJCTでは様々な人材の採用を行っております。
社内制度を活用して、海外の開発者会議に行くことも可能です。

下記より応募をお待ちしております!

fjct.recruitment.jp

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。