FJCT Tech blog

富士通クラウドテクノロジーズ公式エンジニアブログです

富士通クラウドテクノロジーズ

FJCT/Tech blog

Data-driven NIFCLOUD SDK for Python の裏側

この記事は 富士通クラウドテクノロジーズ Advent Calendar 2018 の 16 日目の記事です。 昨日は YoshidaY さんの gRPCのシナリオテスト用コードを生成するprotocプラグインを作ってみた でした。

こんにちは! FJCT で主に PaaS 系サービスの開発・運用をしている id:alice02san です。 今日は私が関わっているプロダクトの一つである、 Data-driven NIFCLOUD SDK for Python (Developer Preview) の裏側について少しお話しようと思います。

NIFCLOUD SDK for Python

2018 年 4 月 にリリースされた、NIFCLOUD SDK for Python (Developer Preview) をご存知でしょうか? 従来、ニフクラSDK として、 Java SDK が主なものとして存在していましたが、そこに Python SDK が加わった形となります。 (まだ Developer Preview 版ですが…)

この Python SDK の特徴としては下記が挙げられます。

  • データ駆動型 SDK
    • 後ほど詳しく説明しますが、 SDK 内にコミットされている、 JSON ファイルから SDK が自動生成されています。
  • 1 つの SDK で複数のサービスに対応
  • CLI ツールが同封
    • CLI ツール nifcloud-debugcli が同封されており、インストールするだけでコマンドラインから簡単に NIFCLOUD の API をリクエストすることが可能です。

使い方等は ニフクラ SDK for Python (Developer Preview) のご紹介リポジトリの README簡単なドキュメント (Read the Docs) に記載されているので、適宜御覧ください。

さて、この NIFCLOUD SDK for Python ですが、ソースコードを見てみると、とても実装が少ないことがわかります。基本的には AWSPython SDK である、 botocore をラップしたものになっているからです。 勘が鋭い方はお気づきかもしれませんが、ニフクラの API リファレンスを見ると AWSAPI 仕様ととても似ていることがわかります。特にリクエスト形式や認証系はかなり互換性があります。この互換性を利用し、 AWS SDK の仕組みに乗っかることで、 NIFCLOUD SDK for Python が実装されています。

そこで、今回はこの SDK の裏側の仕組みについて少し解説できればなと思います!!

続きを読む

データセンタ間ネットワーク接続技術:EVPN-VXLANのActive-Active Multihomingを試しました

この記事は富士通クラウドテクノロジーズ Advent Calendar 2018 14日目です。

はじめに

インフラデザイン部で主にネットワークの企画/設計/運用を担当しているid:foobaron です。

今回は、 EVPN-VXLAN Active-Active Multihoming による拠点間の接続を試してみました。 ネットワーク機器にはJuniper NetworksのvMX仮想ルータ を利用しました。

想定する読み手

本記事は次の読者を想定しています。

  • クラウドの閉域網接続に利用される技術を知りたい方
  • JunosでEVPN-VXLANを動かしてみたい方
続きを読む

必要なデータの量は?90%の精度を出すためには?データサイエンスあるあるQ&A

今日は、アドベントカレンダー8日目

必要なデータの量は?90%の精度を出すためには?データサイエンスあるあるQ&A」です。

FJCTのデータサイエンス事業をやっている吉田です。

 

7日目(12/7)は、「クラウドストレージからオブジェクトストレージに移行した話」でした。
いわゆる数GB-TB単位のデータを扱う際我々にとっては、オブスト(オブジェクトストレージ)は必須です。
モデルや画像などの純粋に巨大なバイナリデータは、gitでは管理しづらいためです。(git LFSとかはありますが)

自分の過去の遺産も移行せねば。


さて、FJCTでは、クラウド事業の他に、データサイエンス事業をやっています。
需要予測画像認識故障予知レコメンドetc...直接取引させて頂いたり、富士通本体の大きな商流を使ったり、おかげさまでさまざまな規模のデータ活用プロジェクトを推進させて頂いています。

今回はそんな数々のデータサイエンスプロジェクトを回している際の、
お客さんのよくある質問と私の回答をまとめてみました。

アジェンダ
1.どれだけデータを集めればAI活用できるの?大体でもいいから教えて!
2.前処理が工程の8~9割なんて言われるけれど、なにがそんなにかかるのか?
3.90%くらいの精度を出すためには?

(*業界・データによって回答は大きく異なることがあります!ご了承ください)


 

続きを読む

クラウドストレージからオブジェクトストレージに移行した話

この記事は 富士通クラウドテクノロジーズ Advent Calendar 2018 の7日目の記事です。
こんにちは。FJCTでインフラエンジニアをしています id:tunakyonn です。
ニフクラには2018年12月7日現在、クラウドストレージ(旧)オブジェクトストレージ という2種類のストレージサービスがあります。 この2種類のうち、クラウドストレージ(旧)は2019年1月25日で終了となります。
そこで今回は、自分がクラウドストレージ(旧)からオブジェクトストレージにファイルを移行した時のお話をしたいと思います。

どのように移行するのか

クラウドストレージ(旧)からオブジェクトストレージにファイルを移行する際、移行用にサーバーを用意する必要があります。 以下の画像のようにクラウドストレージ(旧)のデータを移行用のサーバーに一時持ってきて、そのデータをオブジェクトストレージにアップロードするのが基本的な流れになります。

f:id:tunakyonn:20181207094154p:plain

この移行用のサーバーにツールなどを入れることによって、ストレージのバケットにあるファイルを移行することができます。
今回はこのファイルの移行方法について、自分が検証した2種類の方法をご紹介いたします。

続きを読む

2018年度新人技術研修の取り組みについて

はじめに

この記事はFJCTアドベントカレンダー2018 4日目の記事です。 こんにちは。今年の新人の id:o108minmin です。 今回は、2018年度の新人技術研修がどのように行われたか時系列順で紹介します。

時系列順技術研修

4月 基礎知識

4月は基本的な知識に関して5日間集中して学習していきました。

  • 公開鍵認証によるSSH接続 / 作業を行うにあたってのセキュリティ / Linuxの基礎
  • Gitによるバージョン管理
  • Pythonの文法 / Webアプリケーションの作り方
  • 単体テストの書き方 / テストファーストの考え方
  • デプロイの準備 / エラーログの読み方 / エンジニア的ドキュメントの書き方

このあと始まる職場体験にて、困らない程度には学習を進めていきます。

続きを読む

富士通らしくない富士通グループ「富士通クラウドテクノロジーズ株式会社」で使っている技術の話

投稿が遅くなってしまい申し訳ありません。
この記事は 富士通の非公式Advent Calendar 2018 の2日目の記事です。

富士通クラウドテクノロジーズ株式会社(略称:FJCT)で、クラウドサービスの企画・設計・開発・運営を担当するエンジニアの五月女です。

タイトルについては記事内で言及しますが、よく富士通の人に「富士通っぽくない会社だよね」と言われる所から付けてみました。
自分がこの記事を書こうと思ったきっかけは「この会社で使われている技術について把握出来なくなってきてるんじゃないか?」と感じたからです。
折角の機会なので、どんな技術が使われているのか纏めて行きたいと思います。(そして社内外からの突っ込みを貰って補完していきたいです。)
※公開記事や採用サイト等に記載されている内容を中心に、自分の主観も交えて纏めていますので、事実と異なる部分があったら申し訳ありません。

非公式と謳っているアドベントカレンダーなのですが、この機会に「富士通らしくない富士通グループ」会社について知って貰えたらと思います。

続きを読む

ニフクラの高品質クラウドへの取り組み

この記事は 富士通クラウドテクノロジーズ Advent Calendar 2018 の1日目の記事です。

ニフクラの開発の部門長をやっている @ichikk です。

1日目ということで、富士通クラウドテクノロジーズ(FJCT)が提供しているクラウドサービス「ニフクラ」の取り組みの紹介からスタートしたいと思います。

このエントリーではニフクラの高品質クラウドへの取り組みと題して、ニフクラで2018年に取り組んできた品質、セキュリティ、運用の強化施策についてその一部をご紹介したいと思います。

続きを読む